冠婚葬祭

結婚式をしない友達への結婚祝い~相場はいくら?

結婚祝い
  • コピーしました

友達の結婚を聞いて、うれしく思う反面、気になるのがお祝いです。いったいいくら包めばいいのだろう?と気になりますよね。
特に最近は結婚式や披露宴をしないケースが増えています。

そんなときの結婚祝いの相場や渡し方についてご紹介します。

スポンサーリンク



友達の結婚祝いの相場

友達の結婚祝いの相場は、次のようになっています。

  • 披露宴に招待されている場合……3万円  
  • 披露宴に招待されていない場合……1万円  
  • 友達と連名で渡す場合……1人5000円程度  
  • 二次会のみ招待された場合……会費分  

このようにケースによって異なります。

なお、二次会のみに招待された場合は会費が設定されているので、その金額だけを持参すれば問題ありません。会費とは別に結婚祝いを持参する必要はありません。

結婚式をしない友達の結婚祝い

では、結婚式をしない場合はいくらにすればいいのか。これは、過去に自分の結婚式にいただいたのと同額を渡すのが一般的です。

過去に自分の結婚式で披露宴に来てもらって、そのときに3万円のお祝いをもらっていたら、自分も同じだけ返すのが礼儀だという考え方です。

ただ、披露宴に出席してもらうということは、食事や引き出物を準備するのでお祝いをもらってもそれだけの出費があります。
しかし、今回のケースのように友達が結婚式も披露宴もしないというのであれば、食事や引き出物は準備されません。そのために、その分を少し引いた金額でもいいという考えがあります。

例えば、過去に自分が3万円もらっていても、友達が披露宴をしない場合なら2万円にするというものです。

結婚祝いで2万円はOKなのか?

ここで気になるのが結婚祝いとして「2万円」という金額はアリなのかどうか…ということです。

祝いや香典など冠婚葬祭で相手に渡す金額は「奇数」がいいと言われています。特に弔事(香典や法事)の場合、2や4という偶数は「割り切れる」ために「別れる」につながるためタブーとされています。特に「2」は「二重」つまり(不幸が)重なるを連想させるために避けることが一般的です。

結婚祝いも1万円や3万円が多いのですが、結婚の場合での「2」は「ペア」「いいことが重なる」などの意味もあることからNGとはされていません。

ただ、やはりここは1万円または3万円の奇数が無難だと言えるでしょう。

2万円のお祝いは事情がある場合のみ

披露宴に招待するほどの関係が深い友達の場合、結婚祝いは3万円が主流です。

しかし、学生や失業中などの事情がある場合は2万円でもいいでしょう。(この場合も披露宴に参加する場合は食事や引き出物が出るため、1万円はNGです)

とは言っても世間の相場よりも低いので、2万円を包んでいくと「(経済的に)大変なのかしら?」と思われる可能性があります。

2万円+お祝いの品で3万円にする

本当に大変なら無理をして見栄を張る必要はなく、2万円でもいいでしょう。

しかし、相手はあなたの結婚式のときに3万円を渡したのに…という思いを持っています。

そこで、結婚祝いを2万円にするなら、1万円相当(またはそれに近い金額)の品物を添えて渡すといいでしょう。

スポンサーリンク



冠婚葬祭は頂いた分を渡すのが基本

結婚祝いに限らず、出産祝いでも新築祝いでも同じで、冠婚葬祭のような交際費は「頂いた分を渡す」のが基本です。

そのためにも、自分が頂いたときは「何のイベントで、誰から、いくらもらったか」をノートなどに記録しておきましょう。

自分がまだ結婚していない場合

ここまでは自分がすでに結婚しているというケースでご説明してきましたが、自分がまだ独身の場合は「過去に祝いをいただいた実績」がないので、友達が結婚式も披露宴もしない場合は結婚祝いは1万円でも大丈夫です。

ただ、それも友達との関係性やほかの友達との兼ね合いもあります。ほかにもその人に結婚祝いを渡す友人にいくら包むかを相談してみましょう。友達と足並みをそろえて同額を渡すと安心ですよ。

結婚式をしない友達の結婚祝い~まとめ

友達関係での結婚祝いの相場は、披露宴に出席する場合は3万円、披露宴に出席しない場合は1万円、二次会だけの場合は会費のみ…となっています。

過去に自分の結婚式で披露宴に来てもらい結婚祝いも頂いている場合は、今回その友達が披露宴をしないとしても同額のお祝いを渡すのが基本です。

ただ、披露宴がないので、本来は披露宴に含まれる食事や引き出物がありません。その分を差し引いて2万円を結婚祝いとして渡すという考え方もできますが、冠婚葬祭では偶数はあまり好まれないこと、1万円では少なすぎることなどから、やはり頂いたのと同額をお祝いとして渡すのがおススメです。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように