主婦の自動車

スタッドレスタイヤの選び方や燃費は?雪道でも安全に走るために知っておきたいこと

スタッドレスタイヤ
  • コピーしました

地球温暖化で暖冬の傾向ではありますが、雪が降る地域に住んでいると雪道の運転は避けては通れません。
寒いだけならいいのですが、路面の凍結や積雪は危険を伴います。

そこで必要になるのがスタッドレスタイヤですが、その選び方や交換時期はとても重要なポイントです。
このページでは雪道に欠かせないスタッドレスタイヤの選び方や燃費についてご説明します。

  
スポンサーリンク



スタッドレスタイヤに求められる重要な性能

スタッドレスタイヤの目的は積雪や凍結した路面を走るときでもスリップしないことです。

そのため、スタッドレスタイヤに求められる性能は次の2点です。

  • 凍結した路面での走行  
  • 積雪した路面での走行  

凍結した路面での走行

凍結した路面を車で走るのはかなり危険で、高度な運転技術が求められます。
凍結した路面はまるでスケートをしているようです。危ないと思ってブレーキを踏むとさらにスリップしてしまうので、ブレーキを踏まなくてもいい程度のゆっくりしたスピードで走ることが大切です。

特に雪が降った後に凍ったアイスバーンは怖くて走れません。夜間や早朝などは注意が必要です。

運転に自信がない人は、凍結した路面の運転は控えて電車やバスで移動する方が安心ですね。
どうしても運転しなきゃいけないというときは、スタッドレスタイヤが必要です。
スタッドレスタイヤに求められるのが「凍結した路面での走行性能」です。このことを専門用語で「氷上性能」と言うそうです。

アイスバーンは夜間に発生した水蒸気や溶けた雪の水分が凍った状態を指します。アイスバーンはカチカチに凍ってスケートリンクのような状態になりますが、実は路面の凍結で滑るのではなく、車の重みでアイスバーン(路面の氷)が溶かされて、薄い膜ができ、その水分で滑るのだとか。

スタッドレスタイヤは氷上性能を高めるために、水分を吸収する働きのあるゴムを使用しています。この性能によって氷上性能(路面の凍結でも滑りにくいかどうか)が分かれるのです。

積雪した路面での走行

積雪した道路を運転するときは、「滑る」「ハンドルを取られる」「思うように進まない」などさまざまな弊害が起こり、運転が非常に難しくなります。

最近のスタッドレスタイヤは積雪に対しての研究が進み、ほとんどのメーカーで一定の成果を得ています。

そのため、一般に市販されているスタッドレスタイヤならどれでも積雪の道路での運転は安心できるレベルにあると言えます。
ただ、安心や油断は禁物で、慎重に雪の状態を見ながら運転することが大切です。

スポンサーリンク



スタッドレスタイヤの燃費と寿命

スタッドレスタイヤは結構長い期間使用します。地域によっては11月の初秋から3月・4月ころの春先まで使います。
つまり1年の約半分はスタッドレスタイヤをはいているということになりますね。

そうなると気になるのが燃費とタイヤの寿命です。
実際、どれくらい(何年くらい)持つのでしょうか。

スタッドレスタイヤの寿命

タイヤはゴムでできているため、夏用タイヤ(ノーマルタイヤ)でもスタッドレスタイヤでも3~5年が寿命だと言われています。

あまり走っていなくても、ゴム自体が劣化するので早めに交換するのがおすすめです。しかも交換はできれば4本一緒にするのが理想ですが、そうなると費用がかさみます。

最近は長持ちするタイヤが出ているので、店頭で探してみましょう。タイヤの「ライフ性能」を見ると、寿命がわかるので店で聞いてみてください。

スタッドレスタイヤの燃費はいい?悪い?

「スタッドレスタイヤの燃費は悪い」と言われていました。そのため、「今年はもう雪が降らないだろう」という時点で早くノーマルタイヤに履き替えるといいのですが、燃費は本当に悪いのでしょうか。

実は最近のスタッドレスタイヤは燃費がかなり向上しています。夏のタイヤからはき替えても、そう心配することはなさそうです。

燃費がそれほど悪くないのであれば、雪が降り始めてあわてて交換するよりも早めに変えておくといいですね。

スタッドレスタイヤは製造年月をチェック

食品を購入するときは「賞味期限」を気にしますが、実はタイヤも少しでも新しいものを購入するのがいいと言われています。
タイヤはゴムなので使用頻度にかかわらず時間の経過とともに劣化するからです。

頭で在庫として長く保管されたいたタイヤはすでにゴムの劣化が始まっている可能性があります。
「特価!」「大幅値引き!」
などと安く売っているものは、新品であってもゴムの劣化が進んでいるかも知れません。

新しいタイヤと劣化タイヤの見分け方

タイヤの劣化を見分けるには、製造番号を確認するのがおススメです。
タイヤは1本ごとに製造番号が打ってあります。

タイヤのホイールの近くに記号と製造番号の刻印があります。

最初の2桁が週数、次の2桁が年を表しているので、例えば「2219」という刻印があれば「2019年22週目製造」を意味します。

店頭では古いタイヤから売ろうとして格安で販売している場合がありますが、製造番号をしっかりチェックして、少しでも新しいものを購入するようにしましょう。

まとめ

スタッドレスタイヤには凍結した路面でも滑りにくい「氷上性能」や雪道でも滑りにくい性能などがあります。
雪道や凍結した路面の運転は非常に危険で高度な運転技術を求められますが、スタッドレスには滑りにくい性能があるので、冬が来る前に早めに交換しておきましょう。

最近のスタッドレスタイヤは雪道での走行性能はかなり向上しているので、それ以外の部分で比較してみましょう。

なお、タイヤはゴム製品なので走行距離や運転方法にかかわらず一定期間が経過すると劣化していきます。寿命は3年~5年と言われているので、性能が低下する前に買い替えることをおすすめします。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように