衣類

シャツのアイロンをきれいにすっきり仕上げるコツ

シャツ アイロン
  • コピーしました

せっかくシャツにアイロンをかけても、アイロンがけの途中でシワができたり、パリッと仕上がらなかったりしてイライラすることはありませんか?

シャツのアイロンがけできれいにすっきり仕上げるにはコツがあるんですよ。このページでは、そのコツを詳しくご説明します。

スポンサーリンク



シャツのアイロンをきれいに仕上げるまでの流れ

シャツのアイロンかけをきれいに仕上げたいときは、次の流れに沿ってやってみましょう。

最初は面倒に思うかも知れませんが、覚えてしまえばスムーズにできるようになりますよ。

シャツにアイロンをかける前の洗濯のコツ

シャツのアイロンがけをきれいに仕上げるためには洗濯の段階で注意が必要です。

少しでもシワを少なくするために柔軟剤を利用して、脱水時間は短くします。これでシワをかなり抑えることができます。

シャツにアイロンをかける前に衣類の温度をチェック

衣類には必ず洗濯表示やアイロンの適温が記されたタグがついています。

アイロンをかける前は必ず温度チェックをしておきましょう。

シャツ アイロン

タグに描かれたアイロンの絵に「低」「中」「高」やアイロンの下に布を敷いたマークがついています。

「低」は低温を示しています。アクリルやポリウレタン、アセテートのシャツに多い表示です、80〜120℃に設定しましょう。
アイロンの絵の中に「●」があるのも低温の印です。

こちらのシャツは●●なので中温でアイロンをあてます。

シャツ アイロン

「中」(●●)は中温を示しています。ポリエステル、ナイロン、カシミヤなどのシャツに多い。140〜160℃に設定します。
「高」(●●●)は高温の表示です。綿や麻などにはこのマークがついています。アイロンの温度を180〜210℃に設定します。

アイロンの絵に×印があったらアイロンがけはNGなので注意すること。アイロンの下に波線があれば「当て布が必要」という意味になります。

シャツにアイロンをかける順序

シャツにアイロンをかけるときは、次の順序で進めましょう。

  1. 襟(えり)の端から中央に向けてアイロンをかける 
  2. 袖口(カフス)の表側(ボタン側)の端から中央にかけてかける  
  3. 袖口(カフス)の裏側をかける  
  4. 袖を袖口の方からかける(プリーツ部分をていねいに押さえる)  
  5. 袖を袖口から脇にかけてかける  
  6. 袖は3回に分けてシワにならないようにかける  
  7. 肩の部分を中央から端に向けてかける  
  8. 後ろ身頃(背中)と前身頃(胸側)を順にかける 

これで完了です。

熱が冷めるまでハンガーにかけておきます。

スポンサーリンク



シャツにアイロンをかけた後の保管方法

シャツにアイロンをかけて熱を冷ましたら保管します。

保管方法はハンガーにかけてクローゼットやハンガーラックにかける方法ときれいにたたんで引き出しに入れる方法があります。

それぞれの注意点をご紹介します。

アイロンをかけたシャツをハンガーにつるすときの注意点

毎日着用するシャツの場合はハンガーにかけて保管します。

このときはハンガーの肩幅がシャツに合うものを選ぶようにしましょう。また、洗濯バサミで留めると跡がつくので控える方がいいでしょう。

上のボタンを留めておけばハンガーから落ちることがありません。

なお、クローゼットや洋服タンスに衣類がいっぱい詰まっているところにシャツを入れると、せっかくきれいにアイロンをかけたのにまたシワになってしまいます。

クローゼットやハンガーラックは余裕を持たせてぎゅうぎゅうに詰め込まないようにしましょう。

アイロンをかけたシャツを引き出しにしまうときの注意点

アイロンできれいにしたのにシャツのたたみ方が悪いと変なシワができてしまいます。
たたむときは次の順にやってみましょう。

  1. ボタンをすべて留める  
  2. 背中を上にして床(またはアイロン台)に置いてA4サイズの厚紙をあてる  
  3. 厚紙に合わせて袖を下り中央で袖を折り返す  
  4. 左右の袖を同じように折る  
  5. 裾(すそ)を襟(えり)の方に折り曲げる  

これで売っているのと同じようなたたみ方に仕上がります。
ていねいに引き出しに入れて保管しましょう。

シャツのアイロンがけに便利なアイテム

アイロンがけは基本的に「アイロン」と「アイロン台」があればOKなのですが、次のものがあると便利です。

あて布

熱に弱い繊維の衣類や「あて布マーク」がついた衣類にアイロンをかける場合は「あて布」をします。

あて布とはアイロンをかけたい衣類をアイロン台に置いて、その衣類の上にかける布のことです。

ハンカチや手ぬぐいなど綿素材で熱に強い繊維のものを使います。色落ちする素材のものは、アイロンをかけるときに衣類に色が移る可能性があるのでNGです。
白または薄い色で色落ちしないものを選びましょう。

アイロン あて布

アイロンのり

スプレー式のアイロンのりをつかうと、仕上がりがパリッとなります。ホームセンターやスーパーに売っているので置いておくと助かります。

衣類のシワ伸ばしスプレー

衣類のシワがなかなか取れないときは霧吹きをするのもひとつの方法ですが、市販のシワ伸ばしスプレーを使うのもおすすめです。

頑固なシワもきれいに伸びるので便利ですよ。

アイロン不要のシャツも便利

最近はアイロン不要のシャツ(ノンアイロンシャツ)も販売されています。

忙しいときや出張・旅行などに準備しておくといいですね。

シャツのアイロンをきれいに仕上げるコツ~まとめ

シャツのアイロンがけをきれいに仕上げるには、柔軟剤を使って洗うこと、脱水時間は短くして少しでもシワを少なくします。

そして、衣類についている洗濯表示やアイロン表示を見てアイロンの温度設計をしましょう。

シャツは少し引っ張りぎみにアイロンをかけるときれいに仕上がりますよ。

スポンサーリンク



  • コピーしました

    衣類 

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように