冠婚葬祭

葬儀で恥をかかないために知っておきたい女性の喪服のマナー

喪服
  • コピーしました

結婚式は事前に予定がわかっていますが、葬儀は急に連絡が来て参列することになります。
しかも、参列者(会葬者)はみな同じ黒い喪服を着用するため、マナーに反していると結構目立ってしまいます。

いざというときに恥をかかないために知っておきたい女性の喪服の選び方やマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク



女性の喪服の種類

「喪服」と言っても、次の3種類があります。

  • 正喪服  
  • 準喪服  
  • 略喪服  

それぞれについてご説明します。

女性の正喪服

正喪服とは、一番格式が高いもので、主に喪主側(喪主と三親等までの親族)が着用します。
三親等とは配偶者、父母、祖父母、子、孫、兄弟姉妹、おじおばのことです。

例えば夫を亡くした妻や親を亡くした場合の子どもなどの立場の人が着用するもので、和装の喪服を指します。これは参列する側はほとんと着用しません。むしろ、参列する立場で正喪服を着用すると喪主よりも格式が高くなるケースもあり、マナー違反とされます。

女性の準喪服

準喪服はブラックフォーマルとして販売されているもので、黒のスーツやワンピース、アンサンブルなどを指します。これは参列する側として着て行っても大丈夫です。

女性の略喪服

ブラックフォーマル以外のグレーや紺色など地味な色のスーツ、ワンピースなどを指します。
「平服でお越しください」と言われたら、この略式の喪服を着用します。

ちなみにこの場合の「平服」とは普段着のことではないので注意しましょう。

女性の喪服のマナー

次に女性が喪服を着る場合のマナーについてご説明します。

気をつけたいマナーには、次の点があります。

  • なるべく肌を見せない  
  • 体のラインが出ないもの  
  • ストッキングは肌色ではなく黒を履く  
  • スカート丈は短すぎないものを選ぶ  
  • ネイルは落としていく  

女性の喪服はなるべく肌を見せない

女性の喪服にはパンツスーツよりもワンピースやスーツのスカートなどを着用しますが、必ずストッキング(黒)を履いて直接肌を見せないようにします。

夏でも袖丈はやや長めのもので、五分袖や七分袖が好ましいとされています。

体のラインが出ないもの

タイトなスカートやワンピースなどボディラインが出るものは避けるのがマナーです。
葬儀ではおじぎをしたり、座布団に座ったりする機会が多くありますが、その際にあまり体にぴったりしているものは動きにくいですし、動くたびに膝が出たり、ヒップラインが目立ったりするのは避けましょう。

なお、若いころに買った喪服を何年か経過して着用したところ、体のラインがわかるほどピチピチだったということがありますが、この場合は思い切って買い替える方がいいですね。

ストッキングは肌色ではなく黒を履く

喪服のときのストッキングは肌色ではなく黒を履くのがマナーです。

夏の暑い時期でも肌が出ないように上まであるストッキングを着用しましょう。ひざまでのストッキングなどは避けるのが無難です。柄もののストッキングや網タイツ、厚手のタイツなどもNGです。

また、黒のストッキングは伝線したら目立ってしまいます。何足か買い置きしておき、葬儀では新しいものを着用するようにしましょう。出先で伝線することもあるので、予備のストッキングをバッグに入れておくと安心です。

スカート丈は短すぎないものを選ぶ

喪服のスカート丈はひざよりも下になるものを選びます。普段はひざ丈やひざより上のスカートを履いているという人はひざ下というと長く感じるかも知れませんが、ひざが隠れる長さを選びましょう。
スカート丈が短いと、すわったときにひざが出てしまいます。ミニスカートのような短いものは控えたいですね。

このようにスカート丈が短い場合は要注意です。
女性の喪服

なお、年齢によっても若干違うので、次でご説明します。

ネイルは落としていく

葬儀に参列する際には、ネイル(マニュキュア)は落としていくのが基本です。

中にはネイルアートをしている人がいるかと思います。すぐに落とせない場合や自分で落とせない場合は上からベージュのマニキュアを塗ったり、黒い手袋をしたりして隠すようにしましょう。

スポンサーリンク



年代別~女性の喪服の選び方

女性の喪服は年代によって若干異なります。各年代での喪服の選び方についてみていきましょう。

20代女性の喪服

ワンピースにジャケットやボレロのような丈の短い上着がついたアンサンブルなどがおすすめです。スカートはタイトなものではなく、フレアタイプもきれいに映えますよ。

喪服と同じ生地で作ったリボンがある場合はつけて行ってもいいでしょう。20代の若い世代なら、ボタンやリボン、ポケットのふちなどがおしゃれになっているので自分に合うものを選んでください。

ただ、若いからと言って、スカート丈がひざよりも上になるものはNGです。ボディラインぴったりのものも避けるようにしましょう。

30代女性の喪服

20代よりも少し体型に変化が出てくる年代です。ウエストは20代のものが入っても、座るとひざが出てしまう…ということもあります。20代と体型が変わっていないと思っても、ボディラインに変化が表れることがあるので、事前に必ず試着して、合わない場合は買い替えるようにしましょう。

40代女性の喪服

20代や30代のようにリボンなど装飾のあるものは避けるようにします。40代以降は親や祖父母など親族の葬儀に参列する機会が増えてきます。

この先長く着られるように落ち着いたデザインのものを選ぶと安心です。サイズも余裕を持って選ぶようにしましょう。

50代女性の喪服

50代以降は肩や背中、ウエストまわりなどに脂肪がつきやすくなります。体重はあまり変化がないと思っていても、ボディラインには変化が出てきます。

「上着は入るのにスカートのウエストがきつい」「着れないことはないが、前のボタンが留められない」など思わぬトラブルが起こることがあります。

この年代は親戚の葬儀だけでなく知人の葬儀に参列する機会も多いため、現在の体型に合ったものを選ぶようにしましょう。ウエストが絞ったものよりも全体的に余裕のあるものを選ぶと見た目にもすっきりしますし、動く際にも動きやすくなります。

女性の喪服に合わせる靴とバッグ

女性が喪服を着用するときは靴とバッグも重要です。

女性の喪服に履く靴のマナー

靴というと革がいいと思われるかも知れませんが、喪服の場合は布製や合成皮革の方が無難です。色は黒を選びます。

特にヘビ革など生き物の革を使っているものは「殺生」をイメージさせるために避けるのがマナーです。

また、エナメル質など光沢のある素材のものやリボンや大きなボタンがついたものは避けましょう。

ヒールは高すぎず、低すぎず、3センチ~5センチ程度がおすすめです。ピンヒールのような細いヒールも避けてください。

夏は暑いですが、サンダルもマナー違反です。細いストラップがついたパンプスのように見えるサンダルがありますが、つま先が見えるものやかかとが見えるものは避けましょう。

女性の喪服に合わせるバッグ

バッグも光沢のある素材は避けるのがマナーです。クロコダイルなどの革製品は避けておきましょう。ボタンがついていない地味なデザインで黒のものを選びます。

あまり大きいものではなく、数珠とハンカチが入る程度の小さなものがおすすめです。
なお、スマホや財布などは別の黒い布製の手提げ袋に入れるようにしましょう。

女性の喪服に合わせるアクセサリーと持ち物、コート

喪服を着用するときでも、真珠のネックレスなどはつけてもOKとされています。黒真珠のような地味なものならいいと言われていますが、絶対につけないといけないというものではありません。

華美になるように感じるならつけずに参列しても構いません。

なお、結婚指輪はOKですが、それ以外の指輪は外すのがマナーです。

喪服に合わせる傘

葬儀に参列する際に使用する傘はできれば黒やグレー、紺色、紫色など地味なものを選びます。一方、派手な色や派手なデザインのものは避けるのがマナーです。

「Happy」など書いてあるものは避けておきましょう。

地味な傘がないときは透明のビニール傘でも構いません。

喪服に合わせるコート

寒い季節ではコートの着用はOKです。

ただ、黒いもので地味なデザインのものを選ぶようにしましょう。ダウンコートやカジュアルなデザインのものは避けるのが無難です。

黒でもジャンパーは喪服には合わないので避けておきましょう。

急な葬儀で喪服が間に合わない場合の対策

喪服を持っていないときや、持っているがサイズが合わない…というときは困りますね。
そんなときの対策についてご紹介します。

通夜に参列するときの服装

本来、通夜は親族のみで行うものとされていますが、最近は葬儀・告別式に参列できない人が故人との別れのために参列するというケースが増えています。

(通夜か葬儀かどちらかに参列すればいい…という考え方が多いようです。)

そのため、通夜でも葬儀と同じ喪服(ブラックフォーマル)での参列が主流になってきました。

ただ、通夜は「取り急ぎ駆け付けた」という気持ちを表す場でもあるため、必ずしもブラックフォーマルでなくてもいいと言われています。とは言っても派手な色目のものは避けましょう。
他の参列者の多くは黒やグレーなど地味な服装で参列しています。それに合わせるのがマナーですし、喪主や親族に弔意を示すためにも、派手な色のものは避けて、紺やグレーなど黒に近い色のスーツやジャケットなどを着用しましょう。

葬儀に喪服が間に合わないとき

死去の連絡をもらい、自分が葬儀に参列しなければいけない…とわかったら、近くの店で既製品のブラックフォーマルを購入するという方法があります。

連絡を受け取ってから葬儀までに時間があるので、不可能ではありませんよね。
しまむらやイオンのようなスーパーでも1万円台で販売しています。今後も喪服が必要なシーンはあると考えられるので1着は買っておくと安心です。

喪服を借りるという方法も

購入できない場合は、誰かに借りるという方法があります。
サイズが合うなら姉妹から借りる、親しい友人から借りる方法があります。また都市部なら喪服のレンタルを利用する方法があります。
姉妹や友人から借りる場合は、必ずクリーニングに出してから、感謝の品を添えて返すようにしましょう。

女性の喪服のマナー~まとめ

喪服には正喪服、準喪服、略式の喪服がありますが、参列する側の場合は準喪服を着用します。「平服でお越しください」と言われたときは略式の喪服でも構いません。

準喪服は黒のワンピースやジャケットとスカートのアンサンブルなどで、スカート丈はひざよりも下のものを選びます。

ストッキングは黒、靴とバッグは黒では虫類の革(クロコダイルなど)は避けるようにしましょう。

葬儀は急に起こるものなので、普段からサイズやデザインが今の自分に合っているか、靴やバッグなどはあるかどうかをチェックしておくと安心です。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように