主婦の自動車

車を買い替えるときの走行距離と寿命の目安はどれくらい?

車 メーター
  • コピーしました

車の走行距離は人によって異なりますよね。

営業や子どもの送迎などでたくさん走る人もいれば休日だけ運転するという人もいます。

車を買い替えるときは買ってからの年数も気になりますが、「走行距離」はどれくらいを目安にすればいいのでしょうか。

車の買い取り会社の人に聞いてみました。

スポンサーリンク



▼PICK UP▼
主婦にとって車は重要!車を買い替えるときの注意点をご紹介

車を買い替える際の走行距離の目安

例えば10万キロを超えたら買い替えた方がいい……など一定の目安があるのかと思っていたら、買い取り業者さんに聞くとそうではないということがわかりました。

走行距離と年式、車の状態を考える

車の買い取り業者さんが見るのは「年式」「走行距離」「車の状態」の3つだそうです。

確かにそうですよね。
走行距離は短くても年式が古いとそれだけ燃費も悪い可能性があります。

目安としているのは「1年で1万㎞」だそうです。

5年落ちの車で7万㎞走っていると「結構走っているので、年式は同じでも走行距離が5万㎞の車よりも状態が悪い」と判断します。

逆に同じ年式ちの車でも走行距離が3万㎞ならば「状態がいい」と判断されます。

短期間で走行距離が多いと車は消耗する!

車の使い方(走行距離)は本当に人によって異なります。

私は地方在住で、車社会です。買い物も通勤も公共交通機関よりも車を使う人が圧倒的に多いです。
近くに通勤する人は走行距離は抑えられますが、通勤距離が長いと毎日のことなので年間の走行距離もかなり多くなります。

また、仕事の内容によっても車を使うと消耗してしまいますよね。

私は以前、営業職でマイカーを使っていました。燃費は悪くはなかったのですが、年間で3万キロも走っていました。その車で営業職を5年間もしていたので、かなり消耗したと思います。

しかも、事故も多かったので、車を買い替えるときは下取りではなく廃車にしてしまいました。新車で買った車ですが、ほぼ仕事で乗りつぶしたという感じです。

買い替えの年数は10年が目安

私が話をうかがった車買取業者さんが言うには、最近は車の性能がよくなったので10年くらいで買い替える人が多いということです。
以前はもっと早いサイクルで乗り替える人が多かったようですが、最近は長く乗るのですね。

まあ、以前はバブル景気の影響で次々と新しいものを手にする人が多かったのかも知れません。
今は大切に長く乗るという傾向になっているのでしょうね。

走行距離は長くても車の状態が良ければ買い取りは可能

私の感覚では10万キロを超えたら査定額が下がるので、それまでに下取りに出した方がいいのかな~と思っていたのですが、最近はそうでもないようです。

例えば10万キロを超えている車は価格が安くなるので買い手がたくさんいるそうです。
走行距離が7万~8万キロの車で販売価格が高いのに車の状態があまりよくないという中古車よりも、たとえ走行距離は10万キロを超えていても状態がよければまだまだ乗れるし、安く買えるのならその方がいいと考える人が多いということなのです。

特に最近の若い人は以前ほど車にこだわりがないようです。免許取り立てや運転に自信がない人は事故をする可能性もあるから、いい車に乗るよりも安い中古車で慣れたいという考えがあるのでしょう。

そういう人が多いということを知って、売るときのためにも走行距離はなるべく抑えて、ていねいに大切に乗るべきだなと思いました。

スポンサーリンク



車を売るなら走行距離が大台に乗る前がおすすめ

とは言っても、車の売買は駆け引きのようなものがあります。

10万キロを超えても売れますが、どうせなら9万キロ台の方が買い取り価格が高くなります。

もし買い替えを考えるなら、10万キロという大台に乗る前がおすすめということですね。

同じように5万キロ台に乗るよりも45000キロで売却するなどを考えてみるといいでしょう。

最近の車は走行距離の割に寿命は長い

上でも書きましたが、最近の車は性能がいいので走行距離が多くても性能はかなり良好だそうです。
つまり、車の寿命が長くなっているということです。

私の知り合いの方も
「この車はもう18万キロ走っているけど、まだまだ健在だよ」
なんて話していました。

10万キロはかわいいもので、18万キロでもまだまだ現役で活躍できるということです。
人間も車の長寿社会になっているということがわかります。

車買取の価格は日々変動する

車の買い取り価格は車種や年式、走行距離などである程度固定しているものだと思っていたら、そうではありませんでした。
買い取り業者さんに聞くと、買い取り価格は日々変動しているようです。

変動する要素としては、次の点があります。

  • 自動車販売会社の決算月の前は安くなる
  • 1月~3月は買い取り額が高くなる
  • 車のモデルチェンジの前後

他にもさまざまな要素で中古車の価格が変わっているということでした。

私の車はすでに10万キロを超えているので買い取りが可能かどうかは微妙ですが、次に車を買うときは大切に乗ろうと思います。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように