冠婚葬祭

葬儀の香典のマナーをチェック!金額や渡し方、名前の書き方を解説

香典
  • コピーしました

通夜・葬儀の連絡は急なことが多いため、事前に準備することができません。特に香典については「どれくらい(金額)」「何に入れて」「どうやって渡せばいいの?」とわからないことがたくさん出てきます。
そこで、参列するときにあわてないように、香典のマナーを知っておきましょう。

このページでは、通夜・葬儀に参列する際の香典について、その金額や名前の書き方、渡し方などをくわしく解説します。

スポンサーリンク



そもそも「香典」って何?

まず、「香典」とは何のことなのかを知っておきましょう。

元々は故人に縁のあった人たちがお悔みに行く際に線香を持参したことから「香料」(お香の代金)となり、今では線香ではなく香典としてお金を包んで持参するようになりました。

なお、以前は農産物や米などを故人の家に持ち寄って供養としたこともあったようですが、戦後はお金を包んで渡すスタイルが定着しました。
今でも地方によっては香典とともに野菜などを添えてお供えするところがあるかも知れませんね。

葬儀費用の足しにしてもらうという意味合いも

葬儀には何かと費用がかかるため、香典を持参し、費用の足しにしてもらおうという意味合いもあります。

香典の金額はいくら?

香典を持参しようと思ったときに気になるのが、中に入れる金額です。
これは故人との関係によって異なってきます。

親族の場合の香典の金額の目安

親や兄弟、おじさん、おばさんなど親族(親戚)が亡くなった場合の金額の目安は下記の通りです。
あなたから見て故人はどの立場になるのか…で見てください。

  • 両親……5万円~10万円  
  • 祖父母……1万円~5万円  
  • おじ・おば……1万円~3万円  
  • 兄弟・姉妹……1万円~5万円  
  • その他……1万円~3万円  

このように故人との関係が濃いほど金額が多くなります。また、地方によっても慣習が異なるため、これは目安としてお考えください。

仕事関係の場合の香典の金額の目安

職場の上司や取引先、同僚、同僚の家族などが亡くなった場合の香典の金額の目安です。

  • 上司……5000円~1万円  
  • 同僚……3000円~1万円  
  • 部下……1万円  
  • 同僚の家族……3000円~5000円  
  • 取引先……5000円~1万円  

仕事関係での香典は、自分と相手の立場によって金額が異なります。例えば上司が部下に渡す場合と、部下が上司に渡す場合では異なります。

ただ、仕事関係の場合は職場のルールのようなものがあり、香典の金額についても申し合わせてみんな同じ金額にすることが多いようです。
また、職場によっては社内に互助会などの組織があり、毎月一定額を積み立ててそこから香典を出すというところもあります。

取引先に関しては自費で出すよりも会社の経費で出すことが多いので、上司や総務などに相談してみましょう。

友人やお世話になった人への香典の金額の目安

友人やお世話になった人が亡くなった場合も、相手との関係性やお互いの年齢によって香典の金額は異なりますが、一般に友人や知人の場合は親戚よりも少ない金額で、3000円~1万円が相場になっています。

過去にいただいた金額と同等にする

いくら包めばいいのかわからないというときは、過去にいただいた金額を参考に、それと同等にするのが無難です。そのためにも、日ごろから冠婚葬祭のやりとりをノートなどに記録しておきましょう。

2018年5月 〇〇さんの結婚祝として3万円渡す
2019年7月 △△さんから父の葬儀で香典として3万円いただく
などと書いておくと参考になります。

香典に偶数は避けるべき?

上記の香典の金額の目安でもわかる通り、香典として包むのは5000円や1万円、3万円など奇数ばかりです。
2万円や4万円は見かけませんね。

香典に偶数が避けられるのは、「偶数が割り切れるから」です。
「割り切れる=別れ」や「切れる」を連想させるため、タブーとされています。同じ理由で結婚祝にも割り切れる偶数は避けるようにしますが、「2」はペア(夫婦)や「二重の喜び」という意味合いもあるため、それほど気にしなくてもいいと言われています。

香典袋の選び方と書き方に注意

金額が決まると、次はそれに応じた香典袋を準備します。また、宗派によっても香典袋が違うので注意しましょう。

基本的に香典袋は白と黒の水引のものを使います。白黒ではなく双銀のものや白の水引のものでもOKです。

なお、黄色と白の水引は葬儀ではなく法事の際に使用するとされています。(黄色と白の水引は関西地方での使用が多いようです。)

仏式の香典袋

仏式の場合は蓮の花の絵が描かれているものでも大丈夫です。もちろん無地のものでも構いません。
「御霊前」「御香典」「御香料」のいずれかを書きます。
なお、「御仏前」は通夜・葬儀の際には使用しません。これは仏教では、四十九日が過ぎるまでは故人の霊が成仏していないと考えられています。つまり、まだ「仏(ほとけ)」になっていないため、「御仏前」とは書きません。

ただ、浄土真宗では葬儀の際から「御仏前」と書いてもいいという説もありますが、「御香典」や「御霊前」と書いておくのが無難です。

最近は香典袋のセットに「御霊前」などの短冊がついているものが販売されているので、それぞれのケースに合ったものを選ぶようにしましょう。

香典袋
このように3種類ほどの短冊がついているので、その場に合ったものを選びましょう。

神式の香典袋

蓮の花などが描かれている袋は避けます。水引は双白のものを使います。
「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」のいずれかを書きます。

キリスト教の香典袋

キリスト教の場合は白の無地の袋に十字架やユリの花が描かれたものなどを使います。
「御花料」と書きます。カトリックの場合は「御ミサ料」と書いても構いません。

金額によって香典袋が異なる!

中に入れる香典の金額によっても香典袋の種類が異なります。

一般的には3000円や5000円の場合は水引が印刷されたものを使用しますが、1万円以上になると水引がかかっているものを使用します。

香典袋
5000円以下の場合は水引が印刷されたものでOKです。

中に包む金額が高額になるほど立派なもの(高級感のあるもの)を使いますが、中がそれほど高くないのに香典袋だけが立派になりすぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク



香典袋の名前の書き方

香典袋には名前を書きますが、筆ペンの「薄墨(うすずみ)」という薄いグレーの文字が書けるペンを使って記入します。

  • 個人で出す場合……姓名(フルネーム)  
  • 連名で出す場合……3人までは名前を並べて書き、4人以上になる場合は代表者名を中央に書いて「他五名」などと書く  
  • グループで出す場合……〇〇一同と書き、香典袋の中に香典を出した人の名前や金額、連絡先などを書く  
  • 会社名義で出す場合……中央に社長の名前、その右側に小さめに社名を書く  

香典の中袋の書き方

香典袋を購入すると、中に白い封筒のような袋が入っています。ここにお金を入れますが、その袋にも書くことがあります。

香典袋の中袋

中袋の表面には金額を、裏面には自分の住所と氏名を記入します。
金額は下記のように漢数字で記入します。

  • 壱萬円  
  • 弐萬円  
  • 参阡円・参萬円  
  • 伍萬円(または五萬円)  

1は壱、2は弐、3は参、5は伍または五、千円は阡円、万円は萬円と書くということを覚えておきましょう。

なお、中袋にお金を入れるときはお札の人物の顔が裏に向くように入れるのがいいと言われていますが、最近はそこまでこだわる必要はないと言われています。

香典には新札を使わない!

結婚祝はあらかじめ予定がわかっていること、新しく人生の門出を歩みだすお祝いという意味があることから新札を使いますが、香典の場合は新札は使わないようにします。

これは、新札は事前に準備しないとなかなか手元にはないものなので、香典に新札を使うと「すでに準備していた」つまり「死ぬのを待っていたのか」と思われる可能性があるからです。とは言ってもあまりにシワシワで汚れたお札でも失礼かと思います。

まったくの新札ではないもののある程度きれいなお札を入れるといいでしょう。

葬儀のときの香典の渡し方のマナー

香典の準備ができたら、次は渡し方のマナーを見ていきましょう。

香典はふくさに入れる

香典はそのままバッグに入れたり、スーパーの袋に入れたりせずに、「ふくさ」に入れて持参します。

ふくさとは香典袋や祝儀袋を入れる布地の袋ですが、慶事用(おめでたいとき用)と弔事用(不幸のとき用)の2種類があります。
香典袋は弔事用のふくさを使用します。

弔事用のふくさは紫色や紺色、グレー、黒などのものが販売されています。紫色のふくさで慶弔のどちらにも使えるものがあるので、ひとつは持っておくと安心です。

弔事用のふくさ

香典の渡し方

ふくさの中に香典袋を入れて葬儀会場に向かいます。まず受付で名前を記入し、その後、ふくさから香典袋を出し、自分の名前が相手の方に向くようにして差し出します。

香典の渡し方

その際には無言で渡すのではなく、「このたびはご愁傷様でした」「突然のことで…。お悔みを申し上げます」などのお悔みの言葉を伝えましょう。

これは儀礼的なもので、相手も遺族ではなく受付の人が立っているので形式的なものになります。緊張せずに渡して、参列させていただきましょう。

香典を辞退されたときの対応

最近は「故人の遺志により香典はご辞退させていただきます」というスタイルを取るケースが増えています。

せっかく準備していったのに…と思うことがありますね。そんなときはどうすればいいのでしょうか。

準備して行ったが受付で辞退された場合

葬儀は急に段取りが決まるため、香典を辞退する旨を事前に周知できていないことがあります。そのため、準備して行ったのに受け取ってもらえなかったということがあるものです。

それはあなただけを拒否しているのではなく、他の弔問客にも同じ対応をしています。特に受付の人は喪主や遺族から「香典は辞退してください」と頼まれているので、それを無理やり「そう言わずに受け取ってください」と押し付けないようにしましょう。

事前に辞退の旨が知らされている場合

通夜や葬儀の連絡の際に「家族葬にするので香典は辞退します」と知らされるケースがあります。

その際には「香典を辞退する」のか、「香典も供花も辞退する」のかを確かめておきましょう。

香典だけを辞退する場合は供花や果物や線香といった供物を持参してお供えすることができます。香典も供花も辞退すると言われている場合は何も持たずに参列します。

「供花供物を辞退する」と言う場合は香典は受け付けると解釈できますので、香典は準備しておくといいでしょう。

葬儀に関しては香典だけでもこのように多くの取り決めやマナーがあります。あらかじめ知っておくとスムーズに行動ができますよ。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように