冠婚葬祭

お通夜・お葬式に参列するとき、子どもの服装は?年代別にチェック

  • コピーしました

お通夜や葬儀に参列するとき、大人は喪服(礼服)を着用しますが、子どもはどうすればいいのでしょうか?
乳児、幼児、小学生、中学・高校生それぞれの年代についてご紹介します。

スポンサーリンク



お通夜・お葬式の子どもの服装の基本

子どもでも基本的に地味な服装を着用します。

ただ、大人のような「礼服」があるわけではありません。

学校の制服がある場合は制服が「礼服」となります。ただし、女子の制服で大きなボタンや光る素材のベルトなどがついている場合は外したり、別のものを着用したりしましょう。

お通夜・お葬式の子どもの服装でNGなもの

次のものは避けるのがベターです。

  • 光沢のある素材  
  • 派手な色のもの  
  • ラフすぎるスタイル  
  • 派手な色や光沢のある靴  
  • 裸足は避ける  
  • 派手な色・柄の靴下 

光沢のある素材

白いブラウスや黒い服でも光沢のあるものは避けるようにしましょう。

また、光るボタンやスパンコールがついているブラウスも避けるようにします。

派手な色のもの

特に小さな子どもは黒い服を持っていないということがあるかも知れません。しかし、赤や黄色といった原色や派手な柄の服装は避けましょう。
小さな子ども(乳幼児)なら黒やグレー、茶色など地味な服装、小中高生は制服または地味な服装にします。

黒っぽい服装でも寒いからと赤いカーディガンを羽織るということのないように注意が必要です。

お通夜・お葬式の会場は全員が黒い礼服を着ているので、少しでも色があるとかなり目立ちます。
くれぐれも気をつけてください。

ラフすぎるスタイル

黒や白、グレーといった服でもTシャツやパーカー、ハーフパンツといったラフすぎるスタイルは避けましょう。
色が黒や紺だからと言って、デニム(ジーンズ)もNGです。

お通夜やお葬式は「冠婚葬祭」と呼ばれる改まった儀式です。

子どもでも礼服に準じる服装を考えましょう。

靴は黒っぽいもの

黒があればベストですが、なければ黒っぽいものを準備しましょう。

ただし、七五三や入学式などで着用するエナメル素材の靴は光沢があるので避けておきましょう。
布制の黒っぽい服なら安心です。

スニーカーでもいいのですが、汚れや匂いがきつい場合は避けるようにしましょう。

裸足は避ける

夏でも裸足はNGです。

靴下(ソックス)は履かせましょう。

靴下は地味な色のもの

靴下は黒または白がいいのですが、なければグレーなど地味な色のものを選びましょう。
カラフルな色使いや柄のあるものは避ける方がいいですが、ワンポイント程度なら大丈夫です。

次に年代別の子どもの服装をご紹介します。

スポンサーリンク



お通夜・お葬式での乳児の服装

乳児(赤ちゃん)を連れていく場合は、黒、白、グレーのものを選びましょう。

そもそも赤ちゃんを連れていくべきかどうか…という問題がありますが、授乳や離乳食などのお世話があり他人に預けられないということもあるため、連れていくことは問題ありません。

特に故人が子どもにとって祖父母やお世話になった親戚の人などの場合は、ぜひ参列させてあげるといいでしょう。

ただし、ぐずったときは席を外すようにしましょう。

なお、赤ちゃん連れでの参列は何かと気を使うものです。赤ちゃんから見て濃い親族でない場合や両親(赤ちゃんのパパ・ママ)が参列しなくてもいい間がらの場合は参列せずに弔電や香典を送るという方法もあります。

お通夜・お葬式での幼児の服装

幼稚園児・保育園児で園服(園の制服)があればそれを着用しますが、汚れがひどい場合は普通の洋服で黒や白を選びましょう。
保育園児の場合、園の制服がなくスモックという場合はその着用は控えます。あまりにもラフすぎますし、汚れが目立つからです。

なお、上下ともに白いものは避けてください。ほとんどの人が黒い礼服を着ている中で上下白い服装は目立ちます。黒っぽいスカートやズボンに白いシャツ、ブラウスを合わせるといいでしょう。

お通夜・お葬式での小学生の服装

小学校に制服がある場合はそれを着用しますが、幼稚園時と同様で汚れがひどい場合は別の地味なものを着用します。

ただ、子ども用のフォーマルスーツやフォーマルワンピースなどを購入する必要はありません。特に親族のお葬式で普段着ることのないようなフォーマルウエアを着ていくと、まるで準備していたみたい(亡くなるのを待っていたみたい)と思われる可能性があるので気をつけましょう。

(結婚式や披露宴に招かれた場合は事前にわかっていることなので準備していてもかまいませんが、お葬式の場合はいかにも「準備していました」という服装は避けた方が無難です)

制服がない場合は普段でも着られるようなデザインのもので、黒やグレー、白のシャツ、ブラウスを合わせるといいでしょう。

靴はスニーカーでもいいのですが、汚れや匂いがひどい場合は別のものを履きます。
靴下も汚れがないか、穴が開いていないかよく確かめましょう。

お通夜・お葬式での中学生・高校生の服装

中学・高校になるとほとんどの学校で制服があるので、それを着用します。制服に柄(チェックなど)があってもそれは問題ありません。

ただ、派手なアクセサリーはつけないようにしましょう。赤いリボンやネクタイがある場合は外して行ってもかまいません。

靴下は黒かグレーを準備するといいでしょう。
仏教の場合は中学・高校生になれば数珠も準備してあげてください。

靴は学校用のものや黒のスニーカーなどでも構いません。サンダルなどラフなものは避けます。

まとめ

子どもがお通夜やお葬式に参列する場合も大人の礼服に合わせて黒やグレーを着用するのが基本です。
制服があればそれが礼服代わりとみなされますので、制服で構いません。

制服がない場合は黒のズボンやスカートに白いシャツやブラウス、黒い靴下を基本に考えましょう。
派手なアクセサリーはNGですし、カジュアルすぎる服装もNGです。

失礼のないように親が準備、確認してあげてください。




  • コピーしました

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように