部屋の片づけ

仏壇を処分する方法と費用~仏壇は捨てても罰は当たらない?

仏壇
  • コピーしました

仏壇は大切に扱わなければならないもの。
そう言い聞かされて育った人が多いのではないでしょうか。特に何も言われなくても、「仏壇は大切なもの」という思いを持つ人は多いと思います。

もちろん先祖代々受け継がれたものであり、ご先祖様の位牌やご本尊(仏像)などを祀っているものですから、粗末に扱ってはいけないのは当然です。

でも、古くなったり傷みがひどくなる、引っ越し先でスペースがなく小型の仏壇に買い替えるなどの場合は古い仏壇を処分しなければなりません。

そんなときの方法や費用、そして罰が当たらないのかどうかについて書いています。

スポンサーリンク



仏壇を処分するのはこんな時

仏壇を処分するということを普段はあまり考えないと思いますが、次のような場合は処分を検討することになります。

  • 古くなったので新しい仏壇に買い替える  
  • 引っ越した先で仏壇を置く場所がない  
  • 両親が亡くなり家を処分するが、子どもの家はどこも仏壇が置けない、また管理ができない  
  • 仏教徒の家に生まれ育ったが自分は他の宗教に改宗した  

古くなったので新しい仏壇に買い替える  

祖父や曽祖父など先祖の代から引き継いでいるお仏壇が古くなって買い替えるということはよくあります。
もちろん補修して使い続けることもできますが、家によってはネズミがかじってしまったという事例もあります。

そんなときは思い切って買い替えるといいでしょう。

引っ越した先で仏壇を置く場所がない

最近の住宅には「仏間」という部屋を設けないことがあります。仏間や床の間がない、そもそも和室がないということが多く、仏壇を置く場所がないという人が多いようです。

でも、自分が位牌などを守っていかなければいけないという立場の人は、それまで使っていた仏壇を処分してコンパクトサイズの仏壇に買い替えるという方法があります。

最近はおしゃれな仏壇が販売されていて、リビングに置いても違和感がないものがあります。そういったものを使ってご先祖様の供養をされるといいですね。

小型仏壇

両親が亡くなり家を処分するが、子どもの家はどこも仏壇が置けない、また管理ができない  

実家で暮らしていた両親が亡くなるが、子どもはみんな都会に出ていて実家の家に住まないという場合は家を処分することになります。

そのときに仏壇をどうするか……という話になるのですが、上でも書いたようにアパートやマンションでもコンパクトに置けるモダンなタイプの仏壇でご先祖供養をしたり、菩提寺に永代供養をお願いして仏壇は処分するというケースもあります。

仏教徒の家に生まれ育ったが自分は他の宗教に改宗した  

生まれ育った家は仏教徒でも、自分は神道やキリスト教など他の宗教に改宗するというケースがあります。その場合、実家の両親が亡くなり、誰も仏壇を祀れなくなると処分することになります。

このように理由はさまざまですが、正当な理由がある場合に仏壇を処分することは特に悪いことではありません。
ただ、その際には方法を知り、それぞれの方法のルールを守ることが大切です。

スポンサーリンク



仏壇を処分する方法

仏壇の処分は次のような方法があります。

  • 仏壇店で引き取りや処分をしてもらう  
  • 菩提寺に依頼して供養と処分をしてもらう  
  • 粗大ごみに出す  

仏壇店で引き取りや処分をしてもらう

仏壇を買い替えるときは、購入する仏壇店で引き取ってもらえることがあります。

買い替えでなく処分だけを頼む場合は断られる可能性がありますし、引き取ってもらえる場合でも料金を請求される可能性があります。料金は仏壇店によって異なります。
数万円かかることがあると言われています。

なお、仏壇店で引き取った仏壇はまとめて合同供養などをしてお焚き上げをされることが多いようです。

菩提寺に依頼して供養と処分をしてもらう

菩提寺があればその寺院で仏壇の処分と供養を相談してみましょう。

檀家になっている場合は引き取ってくれる可能性がありますが、寺院の規模や住職の考え方などで対応が異なる可能性があります。
檀家になっていない場合は、仏壇の引き取りは応じてくれないことがあります。
また、規模が小さい寺院や敷地が狭い寺院などでは引き取った仏壇のお焚き上げができないため、引き取り自体を拒否されることもあります。

どの方法でも仏壇を処分する場合は必ず寺院に閉眼法要(御霊(みたま)抜き)をしてもらうので、そのときに聞いてみるといいですね。

粗大ごみに出す

意外に思われるかも知れませんが、仏壇は自治体の粗大ごみで引き取ってもらえます。
その場合も寺院に閉眼供養(御霊抜き)をしてもらいます。その後、解体できるようなら解体して、木材など燃える部分は自治体の燃えるごみの袋に入れてごみ回収に出す方法もあります。小型サイズの仏壇で燃えるごみの袋に入る場合も同様です。

無理なら粗大ごみの引き取り手続きをして回収してもらいましょう。料金は自治体によって異なりますが、300円~800円程度で処分してもらえます。

仏壇を処分する前にやるべき供養

仏壇は処分するだけでなく引っ越しなどで場所を移動する場合でも「閉眼供養」や「御霊抜き(みたまぬき)」という儀式を行います。
寺院に頼めばやってくれます。

よく「仏壇を捨てるなんて、罰が当たるのでは?」と心配される方がいますが、このようにきちんと供養をすれば問題ありません。

仏壇を設置するときは開眼法要を行う

なお、仏壇を新たに購入したり、引っ越し先に移転したりする場合は寺院にお願いして「開眼法要」をしてもらいます。これは仏壇に魂を入れるという意味があるため、「御霊(みたま)入れ」と読んだり、宗派によっては宗派によっては「入魂式」「性根(しょうね)入れ」と呼ぶこともあります。

ただし、リフォームなどで同じ家の中で一時的に移動する場合は閉眼法要や開眼法要はしなくてもいいと言われています。

開眼法要と閉眼法要の謝礼 (お布施)

開眼法要も閉眼法要も寺院に謝礼として「お布施」を渡します。金額は事前に寺院に聞いて準備しておきましょう。
のし袋(金封)は「お布施」と書かれたもので大丈夫です。

なお、この法要は家族のみが参加すれば良く、親戚は呼びません。

仏壇の処分~まとめ

仏壇は古くなったときだけでなく、引っ越し、実家の処分、改宗などの理由で処分することがあります。

処分方法としては寺院で引き取ってもらう、仏壇店で引き取ってもらう、自治体の粗大ごみに出すといった方法があります。
いずれの方法でも処分する前に「閉眼供養」「御霊抜き(みたまぬき)」という法要をしてもらいます。その際には寺院に「お布施」を渡します。

粗大ごみとして出す場合は事前に自治体の回収方法や料金を調べておきましょう。

スポンサーリンク



  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

みやこ
みやこ

60歳主婦のみやこです。 主婦歴は36年。それなりに頑張って身についた生活の知恵やヒントなどをご紹介しています。 皆さまのお役に立ちますように